ヤブレガサウラボシ科ヤブレガサウラボシ属

ヤブレガサウラボシ

Dipteris conjugata Reinw.

ヤブレガサウラボシ
沖縄県西表島 大富林道 2005. 3. 12

八重山の山奥の渓流沿いに生える風変わりなシダ。

ヒカゲヘゴ等とセットで 西表島の動植物を紹介するパンフレットや本などに 顔を出すことが多いので,日本での分布域が狭いわりには知名度は高い。 何となく古代の植物を思わせる外観の通り,その起源は遠く中生代の三畳紀にまで遡る。今でこそ,この仲間は熱帯アジアに数種が知られる だけだが,当時は世界中に広く分布していた。

放射状に切れ込む葉は,その名の通り キク科のヤブレガサやヤマタイミンガサのそれにそっくりだが, 細かく見ると違う点も多い。最も分かりやすいのは展葉の様子。 ヤブレガサの若い葉は葉身が葉柄に接する部分で折りたたまれているのだが, ヤブレガサウラボシでは葉身の中央で折りたたまれている。 成葉にはない柔らかい黄緑色が美しい。

【生育地】 山地の渓流沿いなど湿った場所
【生活史】 多年生シダ植物
【分布】 石垣,西表 −台湾,南中国〜インド,マレーシア,ポリネシア