キツネノマゴ科ウロコマリ属

ウロコマリ

Lepidagathis formosensis C.B.Clarke ex Hayata

鱗毬
沖縄県西表島 2005. 3. 12

日本にいると実感が湧かないが,キツネノマゴ科は実は2000種を超える大きな科だ。 分布の中心が熱帯であるために普段我々の目に止まらないだけのこと。その証拠に 園芸植物にはこの科が結構多いし,日本でも南西諸島に行けば種数が増える。

ここでとりあげたウロコマリもそのひとつ。 和名を漢字に直すと鱗毬となるのだろうか。何ともいえない,可愛らしい語感である。 鱗のような苞をもつ花序が茎の頂きに丸まってつく姿を毬にたとえた のかもしれない。花の雰囲気はキツネノヒマゴによく似ている。 しかし,写真でも分かるとおり花冠は常に真っ白である。

【生育地】 主に石灰岩地帯のやや暗い林内
【生活史】 多年草 
【分布】 沖縄群島,石垣,西表 −台湾
【花期】 10月と3月に現地を訪れた際は開花していた
【備考】 近縁のリュウキュウウロコマリは全体小型で 葉の基部は丸く,花序に腺毛がある