トベラ科トベラ属

トベラ

Pittosporum tobira (Thunb.) W.T.Aiton

トベラ
沖縄県与那国島 祖納 2004. 3. 20

街路樹の下の植え込みなどでお馴染みの低木。深い緑色で なめらかな光沢のある葉は,都会の殺風景さを和らげてくれる。 古くは厄除けとして扉に掲げておく習慣があったので, 「扉の木」が転じてこの名前で呼ばれるようになったらしい。

街中ではトベラキジラミ・ミカンワタカイガラムシとスス病菌のせいで 黒く汚れていることが 多いので,どちらかというとマイナスの印象を抱いている人 の方が多いかもしれない。だが,この木の本来の生育環境は 海に近い照葉樹林だ。そういった場所では,道端で小さく 刈り込まれている姿からは想像もつかないような 生き生きとした姿を見ることができる。

この写真を撮ったときはちょうど花盛りで,島のあちこちで 花をたくさん着けて毬のようになった株が見られた。 花には芳香があり,始めは白いが,古くなると黄色くなる。 こういう色の変化をする花を咲かせる植物は多いので, 生態学的に何か意味があるのかもしれない。

【生育地】 暖地の海岸
【生活史】 常緑低木
【分布】 本州,四国,九州,沖縄
【花期】 3〜6月