キク科ヒヨドリバナ属

タイワンヒヨドリ

Eupatorium formosanum Hayata

タイワンヒヨドリバナモドキ
沖縄県与那国島 2004. 3. 19

別名タイワンヒヨドリバナモドキ。 八重山で見られるもうひとつのヒヨドリバナ属植物・ シマフジバカマよりも分布は南に偏っており, 琉球地方だけでなく,台湾やフィリピンからも知られる。 だが,何故か平凡社の「日本の野生植物」に 掲載されているのはシマフジバカマのみで,本種の名は見当たらない。

シマフジバカマとの最大の相違点は,葉の形。シマフジバカマの葉が単葉であるのに対し, 本種の葉は常に3裂する。写真のように完全に3枚の小葉に分かれていることも多い。 また,植物体全体に柔らかい毛が多いので,葉の表面の光沢は目立たない。 畑や水田の周りなど,光条件の良い林縁的な環境を好む点も異なる。

【生育地】 日当りの良い林縁など
【生活史】 多年草
【分布】 沖縄,久米,宮古,伊良部,石垣,西表,与那国島