マメ科ミヤコグサ属

シロバナミヤコグサ

Lotus australis Andrews

シロバナミヤコグサ
沖縄県与那国島 2004. 3. 21

ミヤコグサ属の植物は,葉を構成する5枚の小葉のうち下の1対が茎に接して,まるで 托葉のように見えるのが特徴だ。日本には2種類が自生している。 ひとつは鮮やかな黄色い花を咲かせるミヤコグサで,全国的に分布する。 そしてもうひとつ,琉球のみで見られるのが, このシロバナミヤコグサだ。砂浜の環境に適応したためか,ミヤコグサよりも肉厚な葉をつける。

最近,ミヤコグサは,河川敷の草原などの生育地を破壊されたり, セイヨウミヤコグサなどの外来種に脅かされたり,果ては分子生物学の モデル植物としていろいろ弄くられたりと,ろくな目に遭っていない 気がする。そんな同朋の受難をよそに, シロバナミヤコグサは南国の緩やかな時間の中でのんびりと 生きている。

【生育地】 砂浜海岸
【生活史】 多年草
【分布】 沖縄地方各島