ヤブコウジ科イズセンリョウ属

シマイズセンリョウ

Maesa montana A.DC. var. formosana (Mez) T.Yamaz.

シマイズセンリョウ
沖縄県八重山郡竹富町 西表島 2004. 3. 17

ヤブコウジ科は熱帯から温帯にかけて世界で1200種余りを擁する大所帯だが, 日本に分布するのはわずか10種程度に過ぎない。そのせいか,科としての 知名度はかなり低い部類に入る。縁起物としてヤブコウジ属の何種かが 栽培される程度で,ほとんどの種は 我々の日常生活とはあまり接点はない。

ここで取り上げたシマイズセンリョウも,どちらかというと そういうクチだ。 果実はマンリョウなどのような鮮やかな赤色ではなく, 若いうち淡褐色・のちに熟して白色と,かなり地味。粒も 大きくはないので,普通に散策していたのでは見逃すこともしばしば。 ただ,春先に葉腋に群がって咲く白い花はなかなか見応えがある。

雄蕊と花冠裂片が対生する点に注意 なお,関東南部から沖縄本島にかけては,近縁のイズセンリョウが 分布する。 シマイズセンリョウの花は浅い鐘形ではっきり5裂するのに対し, イズセンリョウの花は深い筒状で,先はかすかに切れ込む。

【生育地】やや湿った林内
【生活史】常緑低木
【分布】九州南部以南
【花期】3〜4月