ツツジ科ツツジ属

サキシマツツジ

Rhododendron amanoi Ohwi

サキシマツツジ
沖縄県西表島 2005. 3. 14

ツツジの仲間には,サツキやキシツツジに代表されるように,沢沿いの岩場を 生育環境とするものが幾つか知られる。しかし,関東の平野部で生まれ育った私にとっては, ツツジとは乾燥した尾根筋で見られるものだった。近場の山で見られるのが ミツバツツジの類やヤマツツジに限られていたのだから,まあ無理もない。

そんな認識だったから,初めての西表島で山奥の渓流沿いに咲く サキシマツツジの真紅の花を目にした時は,軽いカルチャーショックに 近い感情を覚えた。3月下旬,おそらくこの種類にとっては花期も終わりに 近かったのだろう,花は疎らにしか着いていなかったが,園芸品種と見紛う ほどの鮮烈な色彩のため,その存在感は充分にあった。

萼の様子
萼裂片は線状披針形で鋭頭
【生育地】 山地の渓流沿い
【生活史】 常緑低木
【分布】 石垣,西表
【花期】 3月
【備考】 赤い花を咲かせる類似のツツジとしては,ケラマツツジとタイワンヤマツツジが 知られる。前者は奄美や沖縄列島などに分布し,萼裂片は卵円形で鈍頭〜円頭。後者は 屋久島,奄美,沖縄,伊平屋,石垣,西表に分布し,しばしばサキシマツツジと同じ 場所で見られるが,葉が2〜4cmと小さく,萼裂片は卵形で鈍頭。