サクラソウ科トチナイソウ属

リュウキュウコザクラ

Androsace umbellata (Lour.) Merr.

リュウキュウコザクラ
沖縄県与那国島 2004. 3. 21

コザクラという名前を冠する植物の多くは,小型のサクラソウの仲間だ。 ハクサンコザクラ,ヒメコザクラ,シナノコザクラ...何種類かあるが, そのほとんどが高山帯の草原や岩場を生育地とし,桜色の美しい花を 咲かせる。いずれも滅多に見られない「高嶺の花」というイメージが強い。

ところが,リュウキュウコザクラは例外。内地ではかなり稀なものの, 八重山などでは水田の畦や道端・芝生の中など至る所で花を咲かせる。 もっとも,実際の花の大きさはノミノツヅリあたりと良い勝負なので, 見過ごしてしまっている人も多いだろう。また,生活史が短いため 消長が激しく,去年見られた場所に行っても見つからないこともままある という。
写真では草姿が分からないので一筆
余談だが,この植物,厳密にはサクラソウ属ではなく トチナイソウ属なので,花冠裂片は切れ込まないし異型花柱性でもない。 花をアップで見ると,桜よりは梅に雰囲気が似ている。

【生育地】 海岸から山地の原野 
【生活史】 1年草または越年草 
【分布】 本州西部,北九州, 沖縄地方各島
【花期】 2〜5月