ラン科エビネ属

レンギョウエビネ

Calanthe lyroglossa Rchb.f.

レンギョウエビネ
沖縄県 2008. 2. 18

春先の照葉樹林の下で,レンギョウに似た鮮黄色の花を咲かせるエビネ。

ジエビネなどと違って花は基本的には平開しない反面,株当たりの花の数は ずっと多い。ただ,植物体そのものも大柄なので,花序のボリュームが大きいという印象はあまり受けない。 また,咲き始めの株では白い大型の苞が蕾を覆っており,花の部分よりもよく目立つ。 一般的なエビネ類のイメージとは随分と異なった,いかにも野草らしいランである。

黄花のエビネ類としては,本種の他,本州西部から九州にかけての地域にキエビネ, 小笠原諸島にアサヒエビネ,南西諸島にタイワンエビネなどが分布する。 前2者はひとつひとつの花が大きく,後者はとにかく花つきが良いため, どれもレンギョウエビネと比較すると華やかな印象である。そのため盗掘に遭うことも多いらしく, 特にアサヒエビネは個体数の減少が著しい。かつて西日本で普通にみられたキエビネも, 今では純粋な個体を野外で見つけることが難しくなってしまった。

【生育地】 低地〜山地のやや湿った常緑広葉樹林内 
【生活史】 常緑多年草 
【分布】 種子島,屋久島,奄美大島,徳之島,沖縄本島,石垣島,西表島; 台湾,中国南部,東南アジア
【花期】 3〜5月

レンギョウエビネ
沖縄県 2008. 2. 18