カヤツリグサ科カヤツリグサ属

オオヒメクグ

Cyperus kyllingia Endl.

オオヒメクグ
東京都小笠原村 母島 2007. 7. 9

島の海岸道路沿いの水田脇を散策していたら,足元に生えているヒメクグの中に 穂が白い株が混ざっているのに気がついた。戻ってから図鑑で調べたところ,近縁の オオヒメクグという種類であることが判明。ついでに,普通のヒメクグだと ばかり思っていたのがアイダクグだった可能性が高いことも分かった。 やはりカヤツリグサ科の 植物は難しい。鱗片などの特徴をきっちりとルーペで確認すべきだった。

1つの小花で構成される小穂を茎の頂きに頭状につけるヒメクグの仲間は, カヤツリグサ属の 中では異端の存在で,別属に分類されることもあるようだ。 オオヒメクグは,上述のように花序が白いことに加え,小穂の 鱗片が分厚くて竜骨に翼があることで他の類似種と識別できる。本州では 馴染みのない種類だが,たまにユキボウズやユキノコボウズ などの名前で園芸植物として扱われることもあるらしい。 確かに,そういう目で見てみると可愛い。

【生育地】 耕作地や水田の畦など
【生活史】 多年草
【分布】 沖縄,宮古,石垣,西表,与那国 −台湾,南中国〜インド,マレーシア,ミクロネシア,アフリカなど世界の熱帯・亜熱帯に広く分布
【花期】 主に夏
【備考】 南西諸島の個体群は史前帰化らしい