イネ科チカラシバ属

ナピアグラス

Pennisetum purpureum Schumach.

クローズアップ
沖縄県西表島 2005. 3. 13

日本在来のイネ科植物にはない独特の草姿をもつ外来牧草。

茎はきわめて頑丈であり, 人の背丈を超えることも稀ではない。始めは太い茎をすっくと立てて,ヨシやダンチクのような感じ なのだが,古くなると節目から細かい枝をたくさん出して ちょっと近寄りがたい薮を作る。そんな荒っぽい植物なのに,穂は キンエノコロのそれをふた回りくらい大きくしたような雰囲気。 このギャップがまるで童顔の巨漢のようで面白い。道端にはびこっていても 何だか憎めない感じがするのは,そのせいかもしれない。

初めて南西諸島を訪れた際,最も印象に残った植物のひとつが皮肉にもこれだった。 当時はマイナーな外来植物を扱った図鑑が一般には出回っていなかったため, 正式な和名が分からないままバケネコジャラシなどと勝手な名前をつけて 呼んでいた。その正体を知ったのはごく最近のことである。 英名がそのまま呼び名として定着してしまっているのは少々可哀相なので, 誰か格好良い和名をつけてやって欲しい。

【生育地】 路傍や耕作放棄地など 牧場周辺に多い
【生活史】 多年草
【分布】 熱帯アフリカ原産,日本では主に南西諸島に帰化
【花期】 周年
【備考】 種小名のpurpureumは「紫色の」という意味だが,何処が紫色なのだろうか?

花穂
沖縄県西表島 2005. 3. 13