ハマウツボ科ナンバンギセル属

ナンバンギセル

Aeginetia indica L.

ナンバンギセル
茨城県牛久市 2007. 9. 17

どこの世界でも自分で働かずに楽をしようと考える輩はいるもの。 植物も例外ではなく,光合成をせずに他の植物から栄養分を奪って生活している ものがいる。ナンバンギセルは,その手の植物の中ではヤドリギと並んで 知名度の高いもののひとつだ。

宿主は主にイネ科の植物。そのため,都市近郊のススキ草原など では珍しくない。煙管を地面に突き刺したような草姿はなかなか 面白いし,花も桃色でそこそこ見栄えがする。そのため, 矮性のヤクシマススキとセットで店頭に並ぶことも多い。

関東では晩夏にひっそり咲く変わった花という イメージしかないが,熱帯ではサトウキビ畑で大発生して 壊滅的な被害を与えることもあるそうだ。実際,西表島や 与那国島で見かけた株はどれもやたらと大柄で, 立派なのを通り越してひどく不気味な感じがした。写真の株は 高さ30cm近く。東京近郊ではこの大きさはまず考えられない。 こんなのに暴れられたら,確かにウージにとってもたまった ものではないだろう。

【生育地】 イネ科植物などの周辺
【生活史】 一年草
【分布】 日本全土
【花期】 8〜9月,沖縄では春まで

ナンバンギセル
沖縄県八重山郡竹富町 西表島 2004. 3. 17