マメ科コマツナギ属

ミツバノコマツナギ

Indigofera trifoliata L.

ミツバノコマツナギ Indigofera trifoliata
沖縄県与那国島 2004. 3. 21

藍染めは,独特の深い青色を表現できることから草木染めの中でも 特に人気が高く,様々な地域で様々な植物を用いた技法が 開発されている。日本ではタデ科のタデアイを使うのが主流だったが, 東南アジア一帯ではマメ科のコマツナギ属植物の需要が高かった。 琉球でも,過去に何種類かが藍を採集するために導入されたらしい。 現在,その生き残りを含め5種類ほどが知られている。

ミツバノコマツナギもその中のひとつで,海岸近くの石灰岩の 隙間などによく生えている。茎を横方向に伸ばして丈低く拡がり, 枝先の葉腋に鮮やかな紅色の花を咲かせるが,花着きはあまり 良くないようだ。肉厚で白い粉を帯びる3枚の小葉から 構成される葉は独特のもの。ナハエボシグサの 別名の通り,シロバナミヤコグサ の葉にやや質感が似ているが,ミヤコグサ属では小葉が5枚なので 簡単に識別できる。

【生育地】 海岸岩場
【生活史】 常緑低木から小低木
【分布】 沖縄地方各島
【花期】 ほぼ周年