アカネ科クチナシ属

クチナシ

Gardenia jasminoides Ellis

クチナシ
沖縄県西表島 2005. 3. 12

庭木の中では,キンモクセイとともに芳醇な香りを放つ花を 咲かせる種類の代表格である。この芳香は夜間に強くなることが 知られている。おそらく, 送粉者である夜行性のガの仲間を誘引する ためだろう。 橙黄色に熟す果実から採れる色素は, 沢庵や栗金団といった料理の色着けや衣服の染色などに幅広く用いられる。

図鑑のクチナシの項をめくってみると,梅雨時に開花すると書かれていることが多い。しかし, 3月の西表島では,林道の脇や集落の中のあちこちで花が見られた。 まだ堅い蕾から黄色に変色した古い花まで様々な段階のものがあったので, だらだらと長い間咲きつづけているらしい。 四季がはっきりしていない熱帯の植物には, 花期が明確に決まっていないものが多く見受けられる。 これもそういった事例のひとつなのかもしれない。

【生育地】 低地〜山地の林内
【生活史】 常緑低木または小高木
【分布】 本州(静岡県以西),四国,九州,南西諸島各島; 台湾,中国
【花期】 主として6〜7月