ウリ科スズメウリ属

黒実の沖縄雀瓜
沖縄県西表島 住吉 2005. 3. 13

クロミノオキナワスズメウリ

Melothria liukiuensis Nakai

温帯でも亜熱帯でも,林縁や路傍などの明るい場所には マント群落と呼ばれる薮が発達することが多い。この群落の 最大の特徴はツル性の植物を多く含むことであり,中でも マメ科やウリ科の植物は必ずといってよいほど見られる。 このクロミノオキナワスズメウリも,そういった環境では普通に 観察される種類のひとつ。しかし,地味な出で立ち・長ったらしい名前・ 狭い分布域の三重苦が災いしたのか,掲載されている図鑑は少ない。

和名の通り,果実は成熟すると黒くなる。 黒みを帯びた暗緑色,という表現の方がより正確かもしれない。 カラスウリの仲間やオキナワスズメウリの果実に比べると 随分と控えめではあるが,他に似た種類がない点は助かる。 葉は基本的に切れ込まず,低い鋸歯が疎らにあるだけ。本州の スズメウリやミヤマニガウリにやや雰囲気が似ているものの,分布域が重ならないため 見間違えることはまずないだろう。

花のクローズアップ 【生育地】日当りの良い路傍や林縁など
【生活史】ツル性一年草
【分布】琉球列島各島 −日本固有