キク科シオン属

ヨナクニイソノギク

Aster asagrayi Makino var. walkeri Kitam.

ヨナクニイソノギク
沖縄県与那国島 2004. 3. 21

日本の最西端に位置する与那国島は,他の八重山の島々とは やや異なる生物相を持つ。何より目立つのは台湾との共通種。 特に昆虫では毎年のように珍しい種類があちらから迷い込んできて, 虫屋さん達がフィーバーする。その一方,島に固有の分類群も少数ながら知られている。植物の場合, ヨナクニトキホコリとヨナクニイソノギクの2種がそれ。

ヨナクニイソノギクは島を取り巻く断崖絶壁に生える野菊で, 厳しい環境に適応してか,全体に肉厚。春になると,植物体の割に 大きな花を茎の先にひとつずつ咲かせる。沖縄本島西部の似たような環境に 生えるイソノギクの変種ということになっているが,別種とする意見も ある。イソノギクの葉がほとんど無毛なのに対し,本種の 葉には白い柔らかい毛が密生する。 現在の与那国島での自生地は数箇所に限られる。どうやらもともと個体数が 少なかったようだが,台風による崖崩れや 園芸採集の影響も懸念されているという。

【生育地】 海岸岩場,断崖
【生活史】 多年草
【分布】 与那国島固有
【花期】 春
【備考】 国のRDBで絶滅危惧1A類,沖縄県のRDBで危急種に指定