ミカン科サンショウ属

ヒレザンショウ

Zanthoxylum beecheyanum K.Koch

ヒレザンショウ
沖縄県与那国島 2004. 3. 21

海に近い岩場を散策しているとしばしば見かける,ちょっと変わったサンショウの仲間。

普通のサンショウと違って 複葉の軸には明瞭なヒレがあり,ヌルデの葉を彷彿とさせる。もっとも,柑橘類にも 葉柄に翼があるものが多いので,ミカン科の樹木ではこうした特徴はあまり珍しくないのかも しれない。

厳しい直射日光が照りつける岩場に生育しているためか,ヒレや小葉の表面には厚いクチクラ層が発達しており, 強い光沢があって大変美しい。枝振りがコンパクトにまとまること,サンショウと同様に香辛料や民間薬として 用いることが可能なこともあって,かつては庭木として大抵の民家には植えられていたという。

【生育地】 海岸近くの隆起サンゴ礁石灰岩地
【生活史】 常緑低木
【分布】 沖縄諸島,大東,先島諸島
【花期】 主に3〜5月