スペリヒユ科スベリヒユ属

ヒメマツバボタン

Portulaca pilosa L.

ヒメマツバボタン
沖縄県与那国島 東崎 2004. 3. 21

原産地は熱帯アメリカだが,今では世界中の熱帯から暖温帯に 帰化している。葉のつけ根に縮れた白い毛が 生えているので,ケツメクサの名をあてている 文献もある。だが,最近は草姿を連想しやすいヒメマツバボタンの方が 一般的。 もっとも,花はマツバボタンよりも遥かに小さいし, 色も赤紫のものばかり。しかも,見かける株数の割に, 開いている花に巡りあう機会が何故か少ない。 道端で埃にまみれていることが多いせいもあって, どちらかといえば地味な植物だ。

ところが,与那国島の東の果てで咲いていた写真の株は,そんな日頃の くたびれた印象とは違って,随分と艶やかに見えた。 慣れない地で私の気分が高ぶっていたためそう見えただけ なのか,亜熱帯で海岸近くという気候が遠い故郷のそれに 近かったせいなのか。花も珍しく満開だったので,記念に1枚。

【生育地】 路傍など
【生活史】 1年草
【分布】 南米原産,関東でも普通