シソ科キランソウ属

ヒメキランソウ

Ajuga pygmaea A.Gray

ヒメキランソウ Ajuga pygmaea
沖縄県八重山郡竹富町 西表島 2005. 3. 13

名前の通り,内地ではお馴染みの「地獄の釜の蓋」こと キランソウを 小さくしたような植物。しかし,花そのものはむしろ本家キランソウ よりも大きい。陽当りの良い場所ではそれこそ花の絨毯のように なるので,園芸の世界ではグラウンドカバーとして使われる こともあるらしい。八重山でもよく民家の庭先などで目にする。 場合によっては,自生なのか植栽なのか判断に迷うことも。

花の他にもキランソウと異なる点は幾つかある。ヒメキランソウは, 縦横無尽に伸ばした走出枝の節から盛んに発根してカーペット状に 増殖するが,キランソウは枝分かれした茎が地表を短く這うだけ。 南国の地獄の釜は余程でかいらしい。また,葉は毛が少なく光沢があり, もじゃもじゃした感じのキランソウのそれとは随分雰囲気が違う。 その他,砂浜を好んで生える点もキランソウには 見られない性質だ。

【生育地】 海岸
【生活史】 多年草
【分布】 南九州,琉球各島
【花期】 主に3〜5月