マメ科ササゲ属

ハマアズキ

Vigna marina (Burm.f.) Merr.

ハマアズキ Vigna marina
沖縄県八重山郡与那国町 2004. 3. 21

熱帯地方の海岸に広く分布するコスモポリタン的な種で, 八重山の砂浜でも必ずといっていいほどお目にかかる。 鮮やかな黄色い花と3枚の小葉からなる葉の組み合わせは 真っ白な砂によく映え,オオヤブツルアズキや ヒナアズキといった野生のアズキの類を 彷彿とさせるものがある。ただし,よくよく見ると花の形が違う。

ハマアズキもアズキ類も,旗弁・翼弁・竜骨弁から構成される マメ科特有の蝶形花なのだが,アズキ類では竜骨弁が 左右非対称にねじれて筒状に変形してしまっている。ハナバチ類による 送粉に適応してこうなってしまったとか。一方,ハマアズキの 花はほとんど左右対称の模範的な蝶形花。サイズもそれなりに 大きいので,花の構造を勉強するにはぴったりだ。

【生育地】 砂浜海岸
【生活史】 ツル性または匍匐性の多年草
【分布】 奄美大島以南
【花期】 ほぼ周年