サトイモ科ハブカズラ属

ハブカズラ

Epipremnum pinnatum (L.) Engl.

ハブカヅラ
沖縄県八重山郡竹富町 西表島 2005. 3. 13

亜熱帯に属する南西諸島の森林には,ツル性の植物が多い。 本州でもそういった種の多いマメやウリの仲間などは勿論, 意外な分類群にもツルっぽくなったものが出てくる。 例えば,ツル性のミカン(サルカケミカン),ツル性のサンショウ (テリバザンショウ),ツル性のラン(タカツルラン), ツル性のキク(キダチハマグルマやツルハグマ)など。 このハブカズラもそういった例のひとつで,いわばツル性のサトイモ に相当する。

葉は幼苗では普通の卵形だが,大きくなるにつれて葉脈の間にひとつふたつと切れ込みが入るようになり, ついにはヤシの葉のような感じになる。その様子が面白いので,観葉植物として売られることも稀ではない。 なお,有名な観葉植物であるモンステラも似たような性質を持ち,切れ込みだけでなく 孔も空く種が多いのでまた違った趣がある。彼らもまた熱帯地方を原産とするサトイモ科の植物だが, 別の属に分類されている。

【生育地】 低地〜山地の林内の樹幹上または岩上
【生活史】 基物に付着根でよじ登る亜低木
【分布】 沖縄群島,八重山群島 −台湾,海南島,インドシナ,マレーシア