ヒルガオ科サツマイモ属

グンバイヒルガオ

Ipomoea pes-caprae (L.) Sweet subsp. brasiliensis Ooststr.

グンバイヒルガオ
東京都小笠原村 2007. 7. 9

海岸近くを住処とするヒルガオの仲間では,ハマヒルガオとともにポピュラーな部類に入る。 ただし,ハマヒルガオと違って分布の中心を熱帯地方にもつため,暖地でないとその姿を目にすることはまずない。 関東や北陸などの海岸には黒潮に乗って北上した種子が漂着するが, 今のところ定着したという話は聞いたことがない。まるで,死滅回遊をおこなう熱帯魚のようである。

小笠原を含めた海洋島の植物でよくみられる傾向のひとつに,花が地味で小さいというものがある。 そのため,派手で季節をあまり選ばない本種の花は,いろいろな意味で貴重である。 もっとも,今回の調査では, 森の中に深く分け入って固有種を探してばかりいたので,咲きつつある花を尻目に入林し,夕方に帰ってくると花が萎んでいるといったことが続いた。 ただ,とある属島では目標の植物がほぼ絶滅状態だったため作業が早々に終了し,船が来るまでの間,存分に満開の花や訪花昆虫を 観察することができた。

【生育地】 海岸近く;砂浜に多い
【生活史】 多年草
【分布】 四国,九州,南西諸島,小笠原諸島; 東南アジア,オーストラリア,ミクロネシア,南アフリカなど世界の熱帯〜亜熱帯に広く分布
【花期】 7〜8月を中心にほぼ周年