ツツジ科スノキ属

ギーマ

Vaccinium wrightii A.Gray

ギーマ
沖縄県八重山郡与那国町 2004. 3. 21

日本語らしくない語感の和名は,ウチナーグチをそのまま 採用したもの。しかし, 花だけを見ると, まるで高山帯のお花畑を歩いているかのような 錯覚を覚えてしまう。クロマメノキやクロウスゴ,あるいはコケモモなどに よく似ているからだ。それもその筈,ギーマが所属するのは 彼らと同じスノキ属。涼しい地方に多いイメージを 抱かれがちなこの属,実は熱帯まで幅広く分布するのだ。

沖縄地方で見られるスノキ属は,本種の他にはシャシャンボと ヤドリコケモモの2種類。このうち,ヤドリコケモモは 貯水用の塊根を持つ奄美大島固有の着生植物で,目にする 機会はほとんどない。ところが,シャシャンボは関東以西から硫黄鳥島・沖縄本島・ 久米・石垣・西表・尖閣列島と広く分布し,生育環境・見た目 ともよく似ている。花梗が2-5mmとずっと短く,葯に刺状の突起が ないのが本種との目立った違い。

【生育地】 陽当りの良い尾根筋など,やや乾燥した丘陵地
【生活史】 常緑低木
【分布】 奄美以南の沖縄地方各島,台湾
【花期】 3〜5月
【備考】 小笠原諸島には,本種に似たムニンシャシャンボが分布する。