バラ科キイチゴ属

リュウキュウバライチゴ

Rubus croceacanthus H.Lev.

リュウキュウバライチゴ
沖縄県八重山郡竹富町 西表島 2004. 3. 18

キイチゴの仲間には温帯の植物というイメージがあったので,西表島で 本種のボリュームのある花を見かけたときはちょっと驚いた。 関東地方では馴染みが薄いものの,本州にも広く分布するためか, 現在ではオオバライチゴの名で呼ばれることが多いようだ。もっとも, 沖縄でしか会ったことがないので,わたしにはリュウキュウバライチゴの方がしっくりくる。

全体の雰囲気は,バライチゴとクサイチゴの中間といった感じ。 3〜7小葉からなる複葉はバライチゴを彷彿とさせるが,小葉に 丸みがあって茎に赤っぽい腺毛が多い点はむしろクサイチゴに近い。この属としては 大柄であり,2m近くの高さにまで成長することもある。薮を作っていたりすると,通り抜ける にはかなりの度胸が必要だ。

【生育地】 海岸近くの明るい山野
【生活史】 落葉低木
【分布】 本州(房総半島以西),四国,九州,沖縄,朝鮮半島南部,台湾
【花期】 3〜5月