キキョウ科サワギキョウ属

アゼムシロ

Lobelia chinensis Lour.

アゼムシロ Lobelia chinensis
沖縄県石垣市 2003. 10. 20

水田でミズアオイやコナギが紫色の花を着ける頃,その脇の畦で薄い桃色の花を 咲かせるのが,このアゼムシロ。小さいので見過ごされがちだが,よく見ると 蝶のような形をしており,なかなか可憐な花だ。

植物体そのものは春から見られるものの,茎が地表を這い回るため草丈がとても低く, 花が咲くまでその存在に気付きにくい。和名は「畦に筵(むしろ)を敷いたように一面に茂る」という意味で, そんな生き様を的確に表現した ものだ。ミゾカクシという別名もあるが,ニュアンスは同じ。

【生育地】 畦や休耕田など
【生活史】 多年草
【分布】 日本全土
【花期】 6〜10月