ヒルガオ科アサガオガラクサ属

アサガオガラクサ

Evolvulus alsinoides (L.) L.

アサガオガラクサ Evolvulus alsinoides
沖縄県八重山郡与那国町 2004. 3. 21

日本では沖縄地方だけで見られる,一風変わったヒルガオの仲間。 その姿形は,内地で見られるヒルガオの類とは随分と異なる。 花は,秋晴れの高く澄み切った空を思わせるような,深い深い青。 地表を這いまわる茎の両側には,銀白色の毛で縁取られたかわいい葉が 整然と並ぶ。そのままでも園芸植物として売り出せそうな,とても印象深い野草である。

それも道理で,実はこのアサガオガラクサ,最近人気の高い アメリカンブルーという鉢花にごく近縁な植物なのだ。 与那国島の海岸で初めて出会った時,何となくデジャヴのようなものを 感じたのは,そのためだったのかもしれない。

なお,本種の分布の中心は熱帯で,東南アジア,中国,ミクロネシアに広く分布する。 インドでは毛生え薬として利用されていたらしい。

【生育地】 海岸近
【生活史】 多年草 
【分布】 沖縄,宮古,石垣,西表,与那国