ズキンタケ科ズキンタケ属

ズキンタケ

Leotia lubrica (Scop.) Pers : Fr.

ズキンタケ Leotia lubrica
千葉県松戸市 2003. 7. 25

梅雨時のとある公園での出来事。突如,植え込みの下に,昆虫の卵みたいなオリーブ色の 粒々が一面に現れた。とにかく数が多く,土の露出した場所を埋め尽くさんばかりの勢い。 気持ち悪いと思ってその場はスルーしたが,一週間後,どうしても気になって再訪。 粒々に柄が生えていた。ズキンタケの幼菌だったのだ。 きちんと数えていないけれど,数万本は生えていたと思う。写真は,最も密生していた ひと株。

しわの多い半球形の頭部を頭巾を被った姿に喩えての命名だろう。 写真のように全体にくすんだ橙色のものが典型的だが,色彩や形態の変異が多く, 鮮やかな黄色の個体や,頭部がやや緑色を帯びる個体もある。

更に,全体的に青緑色を帯びるアオズキンタケ,緑色の頭部と 赤橙色の柄のコントラストが美しいアカエノズキンタケ等,幾つかの近縁種も知られている。 いつの日か,そういう変り種に出会ってみたいものだ。

【発生環境】 各種林内地表,路傍斜面など
【発生時期】 夏〜秋
【食毒】 不明


トップ