キシメジ科ホウライタケ属

スジオチバタケ

Marasmius purpureostriatus Hongo

スジオチバタケ
神奈川県川崎市 2006. 5. 21

傘の径1,2cm程度の小型のキノコで,ごく普通に見られる落葉分解菌のひとつ。 種小名は「紫色の(purpureo)+筋のある(striatus)」という意味であり, 傘の表面には放射状の溝に沿って紫褐色の筋が入る。和名もそういった特徴を示したものだろう。

可憐で脈の目立つ傘はしばしばビーチパラソルに喩えられるのだが, デジカメの接写で思い切りクローズアップしてみると,全く別の表情が見えてくる。 傘の頂の筋が収束する部分は,実は細かな網目状の皺になっているのだ。 まるで,傘の皺を手でつまんでまとめたかのような感じである。 それに気づいて以来,このキノコの傘が中華まんにしか見えなくなった。 きのこ刈りの対象になるような種類ではないが, 傘の中にひき肉を詰めて焼いたり揚げたりしたら,意外といけるのかもしれない。

【発生環境】 各種広葉樹林の林床に堆積した落葉落枝上
【発生時期】 春〜夏
【食毒】 食用不適 

トップ