ウラベニガサ科フクロタケ属

シロフクロタケ

Volvariella speciosa (Fr.:Fr.) Sing. var. speciosa

シロフクロタケ
埼玉県さいたま市 2006. 4. 30

中華料理などに多用されるフクロタケに近縁なキノコである。その名の通り, 基本となる色調は白。 幼菌は袋のようなつぼに 包まれており,成長するとそれを突き破って大きな傘が開く。草原の緑,畑の黒土, ウッドチップの褐色,どれを背景にしても よく目立つ。

これでフクロタケと同じように食べられるとあれば,キノコ狩りフリーク達が放っておく筈がないのだが, ウェブ上には食したという記録がほとんどない。味に関する記述などは全くない。 考えてみると,これはかなり不思議なことだ。 私見だが,本種の外観が, かの最強最悪の毒キノコであるドクツルタケやシロタマゴテングタケなどに似ているせいだと思う。

いつまでもヒダが白いままのドクツルタケなどと違って,本種は成熟すれば傘の裏がはっきりしたピンク色になる。 傘はどちらかというとずんぐりしたフォルムであり,縁が厚ぼったい感じになってしばしば波打つが,テングタケの 仲間では滅多にそうはならない。 そもそもシロフクロタケは腐生菌であり,菌根を作る彼らとは発生環境が異なる。 知識があれば識別は難しくないのだ。だが,間違えた時のリスクが余りに大きすぎる。 そういったことが背景にあるのだろう。

【発生環境】 各種林内・草地・畑地などの肥沃な地上,公園の ウッドチップ散布地など 
【発生時期】 春〜秋 
【生態】 腐生菌 
【食毒】 食用だが,外観の似た猛毒菌が存在するためみだりに手を出さぬこと 
【備考】 写真の個体はウッドチップから発生したもの


シロフクロタケ
千葉県印旛村 2005. 10. 22

トップ