モエギタケ科スギタケ属

ヌメリスギタケモドキ

Pholiota aurivella (Batsch:Fr.) Kummer.

レフ板当てすぎ失敗
北海道釧路郡釧路町 2006. 6. 11

その名の通り,ヌメリスギタケによく似た優秀な食用菌。 傘のササクレはずっと大型であり,茎にぬめりが全くない。

初めて出遭ったのは,長野県のとある有名な観光地だった。確か数年前の11月上旬, 平地ではムラサキシメジなどの晩生のキノコが秋の終わりを告げる 頃だったと思う。当然ながら肌を刺すような寒さに包まれた 森の中にはキノコはほとんど見当たらなかったのだが, 沢をふさぐように倒れた朽木に大きな黄色いキノコが生えているの が目に入った。開ききった傘の径は20cm近く。ササクレが ほとんどないような老菌だったため識別に四苦八苦したが,図鑑総当りで 何とか本種だと判った。

普通,これだけ育ってしまったキノコをそのまま料理すると,キノコを 食べているのかハエのウジを食べているのか分からないような状態になるのが オチである。しかし,季節外れだったせいか,傘の肉の中には虫が全く 入っていなかった。 前々から食べられることは聞いていたので,早速ひとくちサイズに刻んで 味噌汁へ。恐る恐る口に運んでみると, 栽培品のナメコを思い切り濃くしたような野性味溢れる風味が舌を直撃。 それからは,お気に入りのキノコのひとつとなった。

【発生環境】 ヤナギ・ハンノキなどの枯木
【生態】 木材腐朽菌
【発生時期】 初夏〜秋
【食毒】 食用


ヌメリスギタケモドキ
北海道釧路郡釧路町 2004. 6. 11


トップ