キシメジ科ムラサキシメジ属

コムラサキシメジ

Lepista sordida (Schum. : Fr.) Sing.

コムラサキシメジ
茨城県つくば市 2006. 10. 03

その名の通り,美しい紫色をした可憐なシメジ。やや小型で華奢な傾向があることを 除けば,見た目は近縁のムラサキシメジにそっくりだ。 ただし,両者の生き様はかなり異なっている。肥沃な立地を好むという点は共通だが,ムラサキシメジが晩秋に 里山の雑木林の中に発生するのに対し,コムラサキシメジはもっと早い季節に人家の周辺で発生する。 堆肥を過剰に撒いた畑地や広大なゴルフ場などでは,しばしば大群生がみられる。

そんな雑草的なイメージに反して,本種はなかなか美味な食菌である。味にも香りにも全く癖がなく,歯切れがよい。 ムラサキシメジのように,やたらと苦かったり埃臭かったりするようなことはまずない。 ツクリタケ(マッシュルーム)に似た生態をもつだけあって,室内での人工栽培技術は既に確立されているそうだ。 コスト面や日持ちの悪さなどの問題さえ解決できれば,店頭に並ぶ日も近いだろう。語感が若干悪いので, 和名そのままの商品名にはならなそうではあるが。

【発生環境】 腐植の多い畑や路傍,芝生,ウッドチップ帯,イネ科植物を刈り取って積んだ場所など
【生態】 腐生菌。芝地に生えるとシバが 枯れるが,直接的な病原性があるわけではないようだ。
【発生時期】 初夏〜秋
【食毒】 美味な食菌。


コムラサキシメジ
茨城県つくば市 2006. 10. 03