イッポンシメジ科イッポンシメジ属

コキイロウラベニタケ

Entoloma ater (Hongo) Hongo

コキイロウラベニタケ
千葉県松戸市 2006. 7. 8

まだ保育園に通っていた頃,わたしの最高の楽しみは「色」を見ることだった。

実家に置いてあったデザインの教科書には数百の色見本が載っていたが,当時のわたしは 暇さえあればそれを眺めてばかりいて,挙句の果てにはその全てを暗記し,見本を一目見ただけで 名前を言い当てることが出来たらしい。そのほとんどが忘却の彼方に過ぎ去った今でも,普段使わないような色名を 何かの拍子に思い出すことがよくある。

公園の芝生広場に列を作って生えていたこのキノコを最初に見たときにも,濃色(こきいろ)という言葉が脳裏に浮かんだ。 やや赤みを帯びた紫色と暗い灰色を足して2で割ったような色だ。幼菌では色が濃すぎてほとんど黒に見えるものの, 成熟した個体ではまさしくそんな感じの色調になる。 後でそれがそのまま和名に使われていることを知って, 子供の頃の知識も無駄ではなかったんだな,と少々嬉しくなった。

【発生環境】 芝生,林内コケ上 
【発生時期】 初春〜初夏,秋 
【食毒】 食用価値なし
【備考】 プロポーションや生育環境はシバフウラベニタケに近い。 シバフウラベニタケの傘の鱗片を黒くして密度を増やしたような感じ。


コキイロウラベニタケ
千葉県松戸市 2005. 10. 8