イグチ科ヤマドリタケ属

コガネヤマドリ

Boletus auripes Peck

コガネヤマドリ Boletus auripes
北海道釧路郡釧路町 2004. 8. 14


和名は,ヨーロッパで最高級とされる食菌であるヤマドリタケに似て,全体に黄系統の色調であることに 由来する。ヤマドリタケよりは,セップやポルチーニと書いた方がピンと来る人が多いかもしれない。 パスタ等によく使われる,あの濃厚な香りをもつキノコである。

傘も柄も鮮やかな黄褐色,傘の裏の管孔も黄色,肉も黄色。確かに「黄金」の名に 相応しい配色ではある。ただ,暗い森の中では枯れ葉に紛れて意外と目立たず, 気付いたら蹴飛ばした後だったなんてことがしばしばだ。写真の幼菌は 傘の色が標準的なものより赤味を帯びていたので,特に見つけづらかった。

この手の色調のイグチは多くない。何処を傷つけても変色しないこと, 柄の上部が網目模様で覆われること,そして幼時管孔が黄色い膜で覆われることが 確かめられれば,このコガネヤマドリとみてまず間違いないだろう。本家と同様に食用と することが出来るが,料理する際には煮汁が黄色くなることに配慮する必要がある。 また,虫が入りやすいので,傘の開ききった成菌は避けたほうが無難だ。

【発生環境】 広葉樹林
【生態】 外生菌根菌
【発生時期】 夏〜秋
【食毒】 食用
【備考】 写真の株はミズナラやダケカンバの混じったトドマツ林で発生していた。


トップ