スッポンタケ科キヌガサタケ属

キヌガサタケ

Dictyophora indusiata (Ventenat: Persoon) Fischer

Dictyophora indusiata / キヌガサタケ
群馬県桐生市 2008. 9. 23


「植物の女王」は何か,と聞かれたら,大抵の人はものすごく迷って,各人各様の答えを返すだろう。 女王という言葉がもつ印象に近い豪奢な花を咲かせる植物はたくさんあるし,何をもって女王らしいとするかという 基準も人それぞれだからだ。

ところが,キノコマニアの世界では事情が異なるらしい。「キノコの女王」と聞くと,大抵の人は キヌガサタケ,もしくはその近縁種を連想するようだ。 確かに,その端整なレース編みのマントは,他の菌にはない高貴な雰囲気をたたえている。 他のスッポンタケ目のキノコ同様,傘の表面のグレバは女王らしからぬ酷い悪臭を放ってハエなどを呼ぶが, 所詮この世は見た目がすべてということなのか,話題にのぼることは少ないように思う。 あるいは,女王様のフェロモンというイメージなのかもしれない。

【発生環境】 竹林,まれに広葉樹林内の腐植上
【分布】 日本,中国,北米
【発生時期】 梅雨期および秋
【食毒】 食用。中華料理の高級食材。
【備考】 アカダマキヌガサタケは本種にそっくりだが,菌蕾(卵の状態)の表皮が赤紫色を帯びる点で異なる。 その他,顕微鏡的な特徴にも相違点が多く,キヌガサタケとは別の種として扱われる。ほぼ全国的に 分布しているようだ。


トップ