ホコリタケ科ホコリタケ属

ホコリタケ

Lycoperdon perlatum Pers.: Pers.

ホコリタケ Lycoperdon perlatum
千葉県松戸市 2004. 10. 31

道端などで丸い袋のようなキノコを見つけ,好奇心から 触ってみたら,てっぺんの孔から煙が噴き出してびっくりした...キノコに 興味がなくとも,そんな経験をお持ちの方は多いだろう。それは大抵,ホコリタケ もしくはそれに近い種類の老菌だ。

煙のように見えるのは実は胞子で, 和名も英名のpuffballもそれが吹き出す様子を表現したものだと思われる。 先人にとっても印象深かったのだろう。若いうちは表面の色が薄く,細かい刺を 載せているが,成熟すると刺が剥げ落ちて褐色になり,頂きに孔が開いて 噴射準備完了! となる。

なお,肉がまだ真っ白な若い菌はなかなかおいしい。 肉は生だと柔らかいマシュマロ状で頼りないものの,火を通すとぷりぷりとした弾力のある 食感に変化し,汁の味をよく吸う。昔,大学の演習林の道端に生えていたものを きのこ鍋に放り込んでみたことがあったが,意外性もあって 好評だった。また味わってみたいとも思うのだが,食べ頃のものには なかなか出くわさない。

【発生環境】 各種林内,路傍など 
【生態】 腐生菌 
【発生時期】 夏〜秋 
【食毒】 幼菌のみ食用 
【備考】 この仲間は分類が進んでいない上,正確な同定には顕微鏡が必要。写真の菌も Lycoperdon perlatumでない可能性がある。


トップ