ベニタケ科チチタケ属

ヒロハシデチチタケ

Lactarius circellatus Fr. f. distantifolius Hongo

ヒロハシデチチタケ
神奈川県川崎市 2006. 5. 21

2006年の5月は,梅雨を思わせるような雨や曇の日が続いた。農業や観光業に携わる人たちにとっては, そんな天候不順は頭痛の種。ところが,湿気を好むキノコにとっては逆に好条件となる。 この日の観察会でも,前日までの雨を吸って形良く育った ヒロハシデチチタケが,そこかしこに見事な群落を作っていた。季節柄,他に目立つ 大型のキノコが少なかったこともあって,まさにわが世の春を謳歌しているという表現が ぴったりな情景だった。

このキノコが発生しはじめるのは初夏,梅園のハルシメジが人々の注目を浴びている頃。 菌根を作る相手は基本的にイヌシデ,アカシデ等のシデ類に限られるらしく, シロの近くには必ず彼らが生えている。そういった分かりやすい発生環境と発生時期のため, 種名の見当はつけやすい方だ。傘の表面は独特の青みを帯びた灰色〜灰褐色をしており, 霜降りのようなカスリ模様や環紋が入る。そのため,幼菌は磨かれた大理石の小粒,あるいは 木製の民芸品のようにも見えて美しい。

【発生環境】 イヌシデ等のシデ類樹下
【発生時期】 春〜秋 
【生態】 シデ類をホストとする外生菌根菌 
【食毒】 乳液が激辛なので食用不適 
【備考】 和名の通り,欧州に分布する母種に比べるとヒダが疎で幅広い。


ヒロハシデチチタケ
神奈川県川崎市 2006. 5. 21

トップ