テングタケ科テングタケ属

ガンタケ

Amanita rubescens Pers. : Fr.

Amanita rubescens
茨城県つくば市 2004. 10. 12

何とも妙な語感の名前。有名な毒菌であるテングタケに よく似ているから「贋茸」なのかと思っていたが, どうやら「雁茸」らしい。同じテングタケ属にツルタケ(鶴茸)という種類があるので, それに倣った命名か。確かに,マガンやカリガネはともかくヒシクイの羽毛の色調には 似ていなくもない。標準的なものは写真より色が濃いので尚更だ。

凶悪な毒菌が多い同属では数少ない食菌。いかにも毒がありそうな見た目とは裏腹に, なかなか美味しいらしい。ただ,手を出すにはそれなりの覚悟が必要だ。上にも書いた 通り,テングタケと間違えやすいからである。傘だけを見たのでは識別は難しい。 茎も傘と同様に褐色を帯びることと,傷口が赤褐色に変色することをきちんと 確認する必要がある。

【発生環境】 各種針葉樹・広葉樹林内
【生態】 菌根菌
【発生時期】 夏〜秋
【食毒】 食用。ただし生食は厳禁。類似の毒菌にも注意。


トップ