ヌメリガサ科アカヤマタケ属

アカヤマタケ

Hygrocybe conica (Scop. : Fr.) Kummer.

アカヤマタケ・・・でいいのか?
千葉県松戸市 2005. 10. 8

数あるキノコの中でも,とりわけ鮮やかな色彩をもつ種の多いことで知られるアカヤマタケ属。 その中でも最も馴染み深いもののひとつが,属名にもなっているアカヤマタケである。

分布はほぼ全世界に及び,生える環境も道端,草地,各種の林内など様々。 それだけに変異も大きく,例えば色はほとんど真紅に近い赤 からややオリーブ色を帯びた黄色まで変異がある。また,焼け跡などには赤味が強くて小型, 全体が微細な鱗片で覆われるヤケノアカヤマタケというタイプが見られる。 もっとも,傘のてっぺんが尖り,傷つけられた場所が黒くなるという特徴は常に安定しているので, 同定は難しくはない。

【発生環境】 草地,各種林内など
【発生時期】 夏〜秋
【食毒】 弱い毒性あり
【備考】 欧州などで知られる Hygrocybe nigrescens は本種に似るがやや大型, 傘は赤味が強く尖り方が弱い,黒変性が強く 成熟すると真っ黒になる,等の特徴があるという。 上の写真の個体は,アカヤマタケよりもむしろこちらに近い特徴を備えていた。


トップ