所属不明
千葉県松戸市 2005. 10. 8

このキノコを初めて見たときはヤケノアカヤマタケかと思ったのだが, 全く別物であることに気がつくには時間はかからなかった。 傘の表面を覆う鱗片は黒くてまるで髪の毛のような質感だし,傘が円錐形になることは ない。何より,ヒダを 傷つけると変色性のある液体を分泌する点で決定的に違う。

手許の日本のキノコ図鑑の中で,これに近いと思われる種が収録されている ものは全くなかった。生えていた場所が場所なので,海外からの 移入種の可能性もある。

【発生環境】 都市公園内の芝生
【発生時期】 初夏〜秋
【特徴】 傘は直径2〜3cm,幼時卵形,のち釣鐘型〜丸山型に開く。表面は赤色であるが,黒色の鱗片に 密に覆われるため遠方からは暗赤色に見える。傘肉はごく薄く,帯赤色。 柄は長さ4cm程度,赤色で傘と同様に黒色鱗片に覆われる。 ヒダは質厚く疎,離生,淡橙色〜淡紅色, 傷つけると橙色の液体を分泌する。この液体はただちに暗赤色を経て黒色に変色するので,ヒダの傷は 黒くなる。胞子は長楕円形,平滑(ミクロメーターがなかったのでサイズ測定はせず)。

成熟した菌 幼菌を別の角度から ヒダと乳液 トップ