サクラソウ科ウミミドリ属

ウミミドリ

Glaux maritima L. var. obtusifolia Fernald

ウミミドリ
北海道根室市 2005. 6. 24

海岸の湿地に生える植物には変わったものが多い。ウミミドリも そのひとつで,サクラソウ科には珍しく花弁が退化しており,代わりに萼が色づいて 送粉者を引きつける役目を担っている。そのため,蕾の頃から花は淡い桃色をしているし, 花びらのように見える部分と雄蕊は通常の植物と同じように交互に並んでいる。 事前情報なしでこの植物がサクラソウと同じ科だと分かる人は,よほどの玄人だろう。

塩分の影響が強い過酷な場所にもよく耐えるので,アッケシソウ などとともに海跡湖の水際の最前線にびっしりと群生しているのをよく見かける。環境が厳しい場所では 高さ数cm程度にしかならないが,それでも健気に花を咲かせる。そんな密集した群落を 遠くから眺めると,まるで緑色の絨毯のようだ。

【生育地】 海岸近くの塩分の影響の強い湿地,泥質で裸地的な環境を好む
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州(中部地方以北)
【花期】 6〜7月