キク科タンポポ属

シコタンタンポポ

Taraxacum shikotanense Kitam.

シコタンタンポポ
北海道厚岸郡厚岸町 2005. 6. 24

シコタンタンポポ
北海道音別町湧洞沼 2005. 6. 24


春先,北海道の都市近郊はセイヨウタンポポの花で黄色に染まる。 牧場の縁や河川敷の草地などの明るい開けた場所では, 文字通り黄金色の絨毯のようになることも稀ではない。 ヨーロッパ原産なのだが,これだけはびこると 日常風景の中での違和感はもはやなくなってしまっている。 町の花に指定して,観光の目玉として売り出している地方自治体も あるほどだ。

その繁栄ぶりに比べると,日本在来のタンポポたちの生きざまは慎ましい。 エゾタンポポはそこそこ普通に見られるが,それ以外は高山や 海岸などといった特殊な環境を好む変わり者が多い。 シコタンタンポポもそのひとつで,道東地方の沿海部だけに生える。 セイヨウタンポポ等に比べると花の色が若干濃くて山吹色に近く,直径も ひとまわり大きい。また, 総苞片は反り返らず,黒みが強くて 白く縁取られる。

【生育地】 海岸近くの草原,路傍,砂浜など
【生活史】 多年草 
【分布】 北海道東部,南千島 
【花期】 6〜7月