ハコベ科ハコベ属

オオハコベ

Stellaria bungeana Fenzl var. stubendorfii (Regel) Y.C.Chu

オオハコベ
北海道十勝郡浦幌町 2005. 6. 8

またの名をエゾノミヤマハコベ。しかし,上に掲げた和名の方が,この少々風変わりなハコベの 特徴を簡潔に表しているという点で優れていると思う。

実際,ハコベの仲間としては,植物体の大きさは最大級に近い。 茎の高さは軽く50cmを超え,葉の長さは大きいものでは7,8cm近くになることも稀ではない。 放置された畑などにしばしば繁茂している,よく肥えたウシハコベを彷彿とさせるものがある。 もっとも,花柱が3本であることや,葉の縁や茎に短毛の列があることなどを確認 すれば,ウシハコベと見間違うことはない。そもそも,雰囲気からして違う。 ごつくていかにも雑草然としたウシハコベと違って,繊細とまではいかないものの,全体に線が細い のである。

【生育地】 山地の林縁や草原
【生活史】 多年草
【分布】 北海道
【花期】 5〜9月