ナデシコ科ミミナグサ属

オオバナノミミナグサ

Cerastium fischerianum Ser.

オオバナノミミナグサ
北海道三石郡三石町 2005. 6. 8

日本在来のミミナグサの仲間では最も大きな花を咲かせる種類。花の差し渡しは3cm近くに達することもある。 また,花だけでなく植物体そのものも大柄であり,茎が立ち上がって膝上程度の高さになることもしばしば。 しかし,花付きが尋常でなく良いこともあって,何処ぞのサクラソウのような大味な印象は感じられない。

道南のとある道の駅の周りに咲いていた株もその例に漏れず,遠くから見るとまるで白い塊のようだった。 あまりにも数が多かったので,最初は逸出が報告されている近縁の園芸種かと疑ってしまったほどだ。 花が疎らなために写真の構図に苦労することは多々あるが,今回のように密集しすぎていたせいで困ったのは 初めてだった。

【生育地】 海岸近くの草原や岩場
【生活史】 多年草 
【分布】 北海道,本州(北部),九州(北部)
【花期】 6月〜8月
【備考】 オオバナミミナグサとも。

オオバナノミミナグサ
北海道三石郡三石町 2005. 6. 24