ラン科テガタチドリ属

ノビネチドリ

Gymnadenia camtschatica (Cham.) Miyabe et Kudo

ノビネチドリ
北海厚岸郡厚岸町 2004. 6. 12

花の雰囲気が翼を広げた姿に重なるのか,チドリの名を冠する蘭は数多い。 しかし,その色は種類によって千差万別。ツレサギソウ 属の面々やアオチドリのような緑色系もあれば, ニョホウチドリやハクサンチドリ等のような紅紫色のものもある。 後者のグループは花が美しいことで有名で,野草に興味を持ち始めた 人なら誰しも憧れたことがあると思う。

ノビネチドリは,それらの中では比較的頻繁に見かける種類である。 標高がかなり低い場所にも生えるためだろう。縁が細かく波打った 幅の広い葉が特徴だ。花はハクサンチドリ等に比べると小振りではあるものの, 花序あたりの数はずっと多い。発育の良い株ではそれこそ数百個をびっしりと 咲かせるので,かなり迫力がある。喩えが悪いが,その様子はピンク色の トウモロコシそっくりだ。

【生育環境】 山地帯から亜高山帯の林縁や草原
【生活史】 多年草
【分布域】 北海道,本州(中部地方以北),四国,九州
【花期】 5〜7月

ノビネチドリ
北海道根室市 2004. 6. 12