カヤツリグサ科スゲ属

ネムロスゲ

Carex gmelinii Hooker & Arnott

ネムロスゲ
北海厚岸郡厚岸町 2004. 6. 12

春の花は散ったが盛夏の花が咲き始めるまではまだ間がある− カヤツリグサ科のスゲの仲間たちの多くが見頃を迎えるのは,そんな 時期だ。地味ながら洗練された機能美を感じさせるその花や果実に魅せられてか, ファンは多い。私も嫌いではないのだが,種の識別が面倒くさい・ もとい難しいせいでついつい敬遠してしまう。

道東でも何種類もの見慣れないスゲに出会ったのだが,あえて見なかったことにして 通り過ぎていた。ただし,海岸近くの草原で見かけた写真の種類だけは ひどく気に入ってしまい,いろいろと写真を撮ったりしてしまった。 穂の大きさは普段よく見かけるアゼスゲ等と大して変わらないのだが, その割には鱗片と果胞が随分と大きく, 松ぼっくりが垂れ下がっているようなユーモラスな印象を感じさせる。 両者の色のコントラストが強く,遠くから見ると個性的な 鱗模様が浮かび上がる点も好印象。

幾つかの文献によると,どうやらネムロスゲという種類らしい。

【生育地】 海岸近くの草原など
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州
【花期】 5〜6月

花穂の拡大写真