ゴマノハグサ科ルリトラノオ属

キクバクワガタ

Pseudolysimachion schmidtianum (Regel) Yamazaki subsp. schmidtianum

キクバクワガタ
北海道釧路郡釧路町 2004. 6. 15

東京近郊の道端でよく見かけるオオイヌノフグリを思いっきり 巨大化させたような花を咲かせる高山植物。絞りのような紋様が 入った花弁や,2つ横に並んだ雄蕊の間に挟まれた雌蕊など, 基本的な花の構造は同じだ。 本州で見かける株の葉は 北海道産のそれに比べて浅く切れ込む傾向があり,ミヤマクワガタ という別亜種に分類されている。なお,同名のクワガタムシとは 何の関係もない。

「高山植物」と上に書いたが,釧路・根室地方では他のその手の植物の多くと同様に 標高の低い場所でも観察できる。私の場合,本州では何回も花期を逃しまくり, 初めてまともな花を見たのは皮肉なことに海岸近くの道路の法面だった。 次に見たのは歩道のタイルの隙間。 おまえら本当に高山植物か!?と思わず突っ込みを入れたくなってしまったが, こうした乾燥気味で陽当りの良い環境は,彼らにとって住み心地が良いものなのだろう。

【生育地】 亜高山〜高山の岩礫地,海岸
【生活史】 多年草 
【分布】 北海道
【花期】 6〜8月