ツツジ科コメバツガザクラ属

コメバツガザクラ

Arcterica nana (Maxim.) Makino

コメバツガザクラ
北海道恵庭市 2006. 6. 14

コケモモとツガザクラを足して2で割ったような姿の植物である。光沢のある丸っこい葉はコケモモ のそれに似ており,壺型の花と乾いた朔果はツガザクラの類に近い。 こうした組み合わせは他にあまり例をみないものであるらしく,本種だけで ひとつの属を作っている。もっとも,個性の強さの割には,知名度はいまいち低めである。

その最大の理由は, 夏山シーズンの前に花がほとんど終わってしまうことだろう。類似の環境に生える ツツジ科の小低木の中では,1,2を争う花期の早さだ。上の写真を 撮影した樽前山では,6月中旬にして既に半分以上の株で花が散ってしまっていた。 他に周りで咲いていたのは,ウコンウツギとヒメスゲくらいで,両者とも まだ満開にはほど遠い状態だった。ここまで早いと, 送粉者に満足に訪花してもらえないのではないかと心配になる。

【生育地】 亜高山〜高山の砂礫地,岩の隙間など
【生活史】 常緑小低木
【分布】 北海道,本州(中部地方以北,大峰山,氷ノ山,大山)
【花期】 6〜7月 
【備考】 コケモモの花は先端がつぼまらない鐘形。コメバツガザクラの花は大抵3つずつつくが, コケモモでは特にそういったことはない。

コメバツガザクラ
北海道恵庭市 2006. 6. 14