ラン科カモメラン属

カモメラン

Galearis cyclochila (Franch. et Sav.) Soó

カモメラン
北海道 2006. 6. 12

白い地に紅い点々が入った唇弁をもつ個性派のラン。近縁の種類の多くがチドリの名を 冠している中,本種だけは何故かカモメの名を冠する。

上の写真を撮影したのは,感じのいい森の中に巡らされていた散策路のすぐ脇だった。 沢筋を適当に歩いていて偶然行き当たったその道は,多少藪っぽいところもあったものの, 総じてよく整備されていた。普通なら,あっという間に盗掘されて消えてしまうような 環境である。にもかかわらず,そこには数十株の開花個体が群生していた。 人が来ない理由が特にないのだとしたら,これはちょっとした奇蹟である。

しかし,奇蹟はそう簡単に起きないからこそ奇蹟と呼べるもの。今回の件にも,きちんとした訳があった。 散策路の入口が鎖によって封鎖されていたのである。傍らでは,クマ出没のため立入を禁ずる旨が書かれている看板が朽ちかけていた。 どうやら,ヒグマが出たせいで廃道になった道に入り込んでしまっていたらしい。 辺りには巨大なフキが盛大に生い茂っており,外からはそこから散策路が続いていることすら分かりにくくなっている。こんな状況では, 人はまず入ってこないだろう。

ここのカモメランにとって,ヒグマはまさに守り神といえるのかもしれない。

【生育地】 亜高山のやや湿った林内
【生活史】 多年草
【分布】 北海道,本州(中部地方以北,紀伊半島),四国
【花期】 6月
【備考】 花に目が行ってしまいがちだが, 1株あたり葉が1枚しかない点も重要な特徴。多くの自生地で個体数が減少しており, 国のレッドデータブックで絶滅危惧TB類の指定を受けている。

カモメラン
北海道 2006. 6. 12