アヤメ科ニワゼキショウ属

ヒトフサニワゼキショウ

Sisyrinchium mucronatum Michx.

ヒトフサニワゼキショウ
北海道音別町湧洞沼 2005. 6. 24

北海道音別町で初めて帰化が報告されたニワゼキショウ類で,当地では道端や牧場の縁などで 今でも普通に見られる。和名の通り1花茎に1花序しかつかないため,ひと株の花の数は ニワゼキショウやオオニワゼキショウに比べると少なめ。しかし,花ひとつひとつが 大きくて色鮮やかなため,全体の印象は彼らよりもむしろ華やかだ。

この仲間を見ると,保育園に通っていた頃のことを思い出す。 当時,実家には野菜以外には草木が少ししか植わっておらず, すこぶる殺風景だった。そこで幼いなりに何とかしないと いけないと思い,近所の道端に生えていたニワゼキショウを 1株抜いてきて隅に植えてみた。残念ながら,当時のわたしは 繁殖力の旺盛な外来種をみだりに持ち込むことの危険性をまだ知らなかったのだ。 庭が彼らの花で埋め尽くされるまで,そう時間はかからなかった。 今から思えば,これが舶来の植物の逞しさを目の当たりにした初めての経験だったのかもしれない。

【生育地】路傍,伐採跡地など
【生活史】多年草
【分布】北米原産の外来種
【花期】6月〜9月
【備考】茎にネジリッコの如き顕著なヒレがあること,葯が互いに合着していること なども識別のポイント。関東地方などでも記録がある。