スミレ科スミレ属

エゾヒナスミレ?
北海道沙流郡門別町 2005. 5. 15

エゾヒナスミレ

Viola tokubuchiana Makino var. takedana (Makino) F.Maek. f. austroyezoensis

牧場の間をどこまでも真っ直ぐ伸びる農道をたらたら歩いていた時のこと。 道端のシラカバ林の下に,白っぽい花のスミレがびっしりと咲いているのに気付いた。 かすかに淡紅色を帯びた花弁,側弁に僅かに生えた毛,裏面が紫色を帯びる葉などの 特徴からヒナスミレ だとは分かったが,何ともいえない違和感が残った。関東で普段見慣れているものよりも, 植物体全体が小柄だったからだ。

「日本のスミレ」によると,北海道の南部には小型の葉をもつエゾヒナスミレ という変種が分布しているという。また,2004年出版の「北海道植物誌」では, 品種という扱いで「葉は長さ1〜2cm,心卵形または卵形,漸尖頭ではなく,葉柄は長く 葉身の3〜4倍となり,花もまた小形となる」と書かれており,採集地として 室蘭,苫小牧,函館などが挙げられている。

上記のヒナスミレの葉のサイズも概して小型であり, 葉身の長さが2cmに満たない個体も見られた。エゾヒナスミレと同定するのにはいささか不安は残るが, それに近いタイプなのは間違いないと思う。

【生育地】山地のやや湿った林内  【生活史】多年草 【分布】北海道(南部)  【花期】5月

エゾヒナスミレ?
北海道沙流郡門別町 2005. 5. 15